ストレッチでダイエット効果を得るという方法が注目されています。ダイエットは、カロリーの消費量をアップさせることです。ストレッチで筋肉の状態を整えて基礎代謝をアップさせることでダイエットに効果があります。布団でのストレッチは朝起きたときや寝る前に効果的に筋肉の状態を整えることができます。ベッドは柔らかすぎるため、ストレッチをしても腰を痛めてしまう結果になりがちです。様々なストレッチがありますが、中でも布団でできる太もものストレッチにダイエット効果があるといいます。

膝でまくらをはさみ、布団の上であお向けになるのが開始時のポーズです。枕を挟みこんだ足に力を入れ、より枕を強く挟みこみます。一度に10秒、一日に五回行うことが効果が期待できます。ダイエット効果だけでなく骨盤の位置の調整ができますし、目覚めもすっきりしますのでおすすめです。夜寝る前のストレッチでおすすめなのは、むくみを解消するストレッチです。骨盤まわりの筋肉を刺激するので下半身のダイエットに有効です。布団の上で、まずはうつぶせになります。次に右足か左足の下に枕を挿入します。膝から足のつけ根の真ん中程度に置くと効果的だと言われています。

お尻の筋肉で足を持ちあげるつもりで、ゆっくり足を上げます。そのままの姿勢で身体をツイストさせるように足を反対側に倒し、息を吐きながら10秒を保ちます。右10秒、左10秒で1セットと数え、2セットの運動をしてください。手軽にできて、ダイエットにも効果的な布団の上のストレッチは、多くの人におすすめしたい方法です。

関連ページ